おまとめローンのススメ TOP → おまとめローンについて 元利均等返済方式

元利均等返済方式

元利均等返済方式とは、元金と金利を合わせた金額を最初に契約した期間で返済していく方法のことを言います。元利均等返済方式はローンの中でも最も普及している返済方式で、裁判所の調停などでは基本的にこの返済方式が採用されています。

毎回の支払額が均等となる返済方式なので、返済額が毎月決まったものになります。毎月同じ額返済しなければならないですが、利息が減っていきますので返済額が多くなります。

しかし、最初から最後までの返済計画が立てやすいというメリットがあります。中でも変動金利を選び借入後に金利上昇が起こった場合や、変動金利貸付の利息の見直しのケースを除けば借入金返済のキャッシュフローの影響も受けることがないので支払い負担が急増することを避けることが出来るということが最大のメリットといえるでしょう。

毎月の支払わなければならない金額は一定ですが、利息を除いた返済額はどんどん増えていきますので、返済する側にとっても気が楽になりますね。元金均等返済などと比べると最初の返済額は少なくて済みますが、元利均等返済方式は借入直後は残高がなかなか減らず、完済期日間近になると残高の減りが早くなるというの仕組みは複雑になっていますので毎月の返済後の残高を知ることは簡単なことではありません。

また、元金の返済ペースが遅いので返済総額が増えるというデメリットがあります。特に長期に及ぶローンでは借入の元金がなかなか減りにくいというのが現状です。

サイモグロブリン
サイモグロブリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!