おまとめローンのススメ TOP → おまとめローンのデメリット 借金癖

借金癖

おまとめローンで融資契約が成立し、返済を一本化することによって1社へのみ借金の返済を考えればいい状況になったとしたら、経済的にも精神的にも安定します。しかし、ここで安心するのは早いです。

はっきりさせなければならないのが、おまとめローンはあくまで複数の借入れを1社にまとめただけなので、借金自体は全く減っていないことを忘れてはいけません。借金は1円も減っていないということを肝に銘じておく必要があります。

この部分を頭に入れておかないと、おまとめローンを使用したことがかえって良くなかったことになりかねません。おまとめローンを使うということは少なからず借金癖があるということです。

複数の金融会社からの借入をしている時点で、借金癖がすでについてしまっているとも言えます。しかしそこで安心してしまい、返済を一本化した分の融資額を使用してしまう可能性があります。

そうなってしまうと一本化した意味がまるでなくなってしまい、債務整理や自己破産などをしなければ借金の問題を解決できなくなってしまいます。また、おまとめローンを使用すると返済が長期化してしまうことが多いです。

長期化すると返済の計画を立てやすくなり目処が立ったように思いますが、長期間によって返済を続けることで返済が不可能になってしまうケースということも少なくありません。

おまとめローンで一番大切なのは本人の意思です。一度の返済額が減って得た経済的、精神的な安心を返済する力に変えることが一番の近道です。

おまとめローンのデメリット