おまとめローンのススメ TOP → おまとめローンのデメリット 断られるケース

断られるケース

おまとめローンで申込みをしても審査の過程で断られるケースがあります。最も多いのは、現在の勤務先での勤続年数が1年未満の場合は高確率で断られる可能性があります。

そのため勤務年数が1年以上になったところで申し込むようにすることをお勧めします。あともう少しで1年だから大丈夫・・・というふうには思わずに、1年経過するまで待つようにしてください。

一本化することにより1社からの借入れ額が上がるため、返済能力を判断する基準として勤続年数が大きく関わってくるのです。それ以外にあまり知られていないことの一つに、おまとめローンを申し込んだ事自体が通常6ヶ月間データベースとして保存されるということがあります。

つまり、どこのおまとめローンに申し込んだのかが6ヶ月間ははっきりわかってしまうということです。複数のおまとめローン会社に申込みを断られている事実があった場合は、断られることがあります。

基本的には3社以上でおまとめローンを断られた場合は、本来は通過できるはずの金融機関であっても断られることが多いです。3社以上から断られた場合や1度断られてしまった場合は最低でも6ヶ月間は待って、6ヶ月が経過した後に再度チャレンジするようにしましょう。

また、携帯電話からだけでおまとめローンを申し込むと信用性が低いことから断られてしまう可能性が高くなります。そのため、固定電話と携帯電話の番号を両方とも記載するようにしましょう。

おまとめローンのデメリット


フルダラ
フルダラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!