おまとめローンのススメ TOP → おまとめローンの申込み 申込みブラックとは

申込みブラックとは

申込みブラックとはこれまでに多数の金融会社から借入れの申込みをしていて、なおかつ債務整理や返済の長期延滞をしたことがある人のことを言います。申し込みブラックは金融業界内では危険信号といえるでしょう。

申し込みをした際に、業者は個人情報を取得するようになっています。その際に情報機関に開示歴が残るようになっています。つまりローンを申し込んだ時点で、その情報は金融業者の間で流れてしまうようです。

そのため、例えば1社に申し込んだけれども審査が通らなかったので、別の会社に申込みをした。しかし2社目も通らなくてまた違う会社に申込みをした場合、3社目で他社で断られていることがわかってしまうのです。

そうなってくると、かなり切羽つまっている人と思われてしまう金融業界では警戒されてしまうようになります。細かい審査に入る前に断られてしまうのです。

このような行為を繰り返すと申込みブラックとなってしまい、どこからも借入れができなくなります。申込情報は半年以上は残ります(消費者金融などいでは2ヶ月程度と言われています)ので、注意が必要です。

一般的に1ヶ月に申込みをするのは3社までと言われています。それを超えてしまうと申し込みブラックになってしまいます。

現在は申し込みブラックでも審査に通る金融業者なども存在していますが、やはりブラックにならないことが1番いいですよね。そのため、おまとめローンを検討しているならばむやみに申込みをせず、しっかり条件と自分の状況を照らし合わせた上で最適の会社を選ぶことが大切なのです。